FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

教師としていちばん大切なこと

2009.07.20(22:29)

何気なく図書館から借りて読んだのですが、とても心に響く1冊でした!

教育現場の問題を取り上げている書籍は多いのですが、
「言ってることは正しいのだけど、現場とのずれがあるな~」
と感じてしまうことたまにあります。

この本の著者であるレイフ先生はロサンゼルスの公立小学校の先生であり、さまざまな困難に立ち向かっていくアメリカ版熱血教師です!

とくに若い先生方にはぜひ読んでほしい1冊です☆

最近では教育格差が問題になっていますが、その話の中で必ずでてくるのは
経済的に豊かな家庭では、中学高校から私立学校に通ったり、塾に通ったりする余裕があるが、貧しい家庭はそれができないので経済格差と同様に教育格差も広がっている

という議論です。

すなわち公教育への不信が教育格差の一つの原因になっているということになるでしょう。

今日の日経新聞の社説にも
「公立校の魅力高め教育不安をぬぐえ」
という内容がありました。

私自身も、特に東京にきてからは公立高校のあり方について悩むことも多くりました。

レイフ先生は貧困層の多いロサンゼルスの公立小学校で教えています。
それこそ格差社会のアメリカでさまざまな問題を抱える子どもたちを、学力だけではなく、人格も
高いところに導いていくのです。
このロサンゼルスの小学校では公用語である英語ですら、小学校5年生なってもほとんど読むことができないという事実にとても驚きました。

私の学校も定時制高校ということもあり、さまざまな問題を抱えた生徒が数多く在籍します。
また国籍も多様で(レイフ先生の学校ほどではありませんが)日本があまり得意ではない生徒もいます。

そんなわけでレイフ先生の教室でのできごとは、まるで自分の学校のできごとのように思えてますます共感してしまいました。

「多くの教師は、期待を低くすることによって成功を確かなものにしようとする」

私は今の学校にきたばかりのときはうまくいかないことばかりでしたが、最近が慣れたこともありそこそこスムーズにものごとを成し遂げられることができるようになりました。
しかし、振り返ってみるともしかして妥協して流してしまっていることもあるのではないか?とこの本を読んで自問自答してしまいました。

「近道なんてない」

レイフ先生の言葉を胸に夏休みの研修がんばりたいと思います!

他にも先生や
音楽のブログがたくさん!!


FC2ブログランキング

スポンサーサイト

<<ICT研修 | ホームへ | 鑑賞のための『カルメン』DVDは?>>

コメント
ひろさん

最近ブログチェックしていなくてお返事遅くなりました
メールアドレスが開けないもので、コメントにてお返事させていただきますね。

まずは学校の先生以外にも子供に音楽の楽しさを伝えるお仕事についてですね

私は学校の先生以外のお仕事をしたことがないのですが、
私のまわりを見ると、

☆自分で教室をひらいて、子どもにピアノを教えている人
☆非常勤で大学や小学校の先生をしながら自分の演奏活動をする
☆児童合唱団のヴォイストレーナーをしている声楽の人

などがあるかな?と思います。
いずれにせよ、そのお友達がどのような仕事を望んでいるのか、収入の安定を重視するかなどが一番大切なところでしょうね。

私は大学を卒業してもう7年くらいになりますが、音楽関係の大学を卒業しても、音楽関係の仕事についている人は半分くらいです。
やはり音楽関係の仕事はあまり潤沢ではないと思ったほうが良いでしょうね。

音楽活動をしている人たちは卒業後も、レッスンを続けたり、地道な演奏活動を重ねたりと、自己研鑽を積んでいらっしゃいます。

そういう姿勢が大切なのかな~と個人的には思ったりしています。

まとまらないお返事ですいません・・・・・


> あいさん。
> はじめまして。
>
> ひろと申します。
> 音楽の先生のブログという事もあり、
> 楽しく読ませて頂いております。
>
> 合唱コンクール、演奏会・・・思い返してみると音楽の授業は一番楽しく、自然体でいれたひと時だった気がします。
>
> 子供たちに歌う喜びなど伝える「音楽の先生」という仕事は、つらい事も多いかと思いますが、素敵な職業だと感じております。
>
> ただ音大生全員がなれる訳ではないと思うのですが、学校の先生以外に子供に音楽の楽しさを伝える仕事はあるのでしょうか?
>
> 音大卒の親友が将来について悩んでおり、何とかしたいという思いでメールしてみました。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。
【2009/09/15 13:43】 | AI #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/11 23:23】 | # | [edit]
あいさん。
はじめまして。

ひろと申します。
音楽の先生のブログという事もあり、
楽しく読ませて頂いております。

合唱コンクール、演奏会・・・思い返してみると音楽の授業は一番楽しく、自然体でいれたひと時だった気がします。

子供たちに歌う喜びなど伝える「音楽の先生」という仕事は、つらい事も多いかと思いますが、素敵な職業だと感じております。

ただ音大生全員がなれる訳ではないと思うのですが、学校の先生以外に子供に音楽の楽しさを伝える仕事はあるのでしょうか?

音大卒の親友が将来について悩んでおり、何とかしたいという思いでメールしてみました。

どうぞよろしくお願いいたします。












【2009/09/10 22:04】 | ひろ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://semprecanto.blog118.fc2.com/tb.php/91-8aa6b813
| ホームへ |
プロフィール

AI

Author:AI
絶妙なライフワークバランスを目標に日々奮闘中です!

公立高校教諭(教科は音楽です)として勤め
気がついたら中堅になってました

私が音楽の授業で使っている教材や、学校での悩み、ちょっとサボリ気味な主婦ライフなどを綴っております。

2010年7月22日についにママになりました!
育児ブログはこちらですのでのぞいてみてください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。