FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

研究授業終了!日本民謡を鑑賞しよう

2009.02.26(20:32)
昨日は研究授業がありました

2年次研修と定時制通信制高校教育研究会を兼ねた研究授業だったため、外部からも先生方がいらしてくださいました!

題材は「日本の民謡を鑑賞しよう」です
研究授業ということで、あえて苦手な分野にチャレンジしてみました

生徒も私もかなり緊張しましたが、とても有意義でした
今回の題材は「日本の民謡を鑑賞しよう」という2時間計画の授業でした。
2時間と短い理由は、学期末だったために授業時間が確保できなかったことと、民謡の鑑賞に長い時間をかけて生徒の興味・関心を持続させる自身がなかったためです。

 さて今回の授業の流れとしては、

1イタリアの民謡と日本の民謡を聞きくらべてそれぞれの特徴と違いを生み出す要素を考える。
2それぞれの特徴を生み出す大きな要因の一つ音階を取り上げて、改めて鑑賞してみる。

という感じでしょうか。

使った教材は
オー・ソレ・ミオ【パバロッティ・フォーエバーより】
ソーラン節【Tutti教材CDより】
TAKIOのソーラン【2004年紅白歌合戦より】
てぃんさぐぬ花(生徒の演奏)
です

発声の違いに着目しながら鑑賞していくのが王道だと思ったのですが、発声に着目した鑑賞の授業は他の題材で取り扱っているし、どちらかというと発声については自分の専門なので、あえて難しそうな「音階」に着目する授業にしてみました。

さて授業が終わってみると課題がたくさんありました。研究協議でも指摘されましたが反省点としては

*楽典の基礎知識がなかったので音階を理解させるのが難しかった。もし音階を理解させるのであれば、鍵盤を使うなどの表現活動を結びつけた方が良い。
*日本音楽の良いところを教えきれなかった。
*パワーポイントを使った授業なのだから、もっと視覚にうったえる教え方をしても良かった。


といったところが大きなところでした。

これをふまえて今後の自分の目標として

*日本音楽のインプットを増やし、鑑賞教材として使えそうなものを集めておく
*楽典についても少しずつ授業で取り扱い、音楽の基礎能力を身につけさせる
*パワーポイントを使った効果的なスライドづくりの工夫をする


などをがんばってみたいと思いました。

とりあえず、今回の反省点ですぐ直せるところだけでも改良して他のクラスで実践してみたいと思います。

それにしても自分が研究授業をして意見をもらうことは、かなり贅沢にたくさんのものを得ることができると感じました。
また機会があったらチャレンジしてみたいと思います!

他にも先生や音楽のブログがたくさん!!


FC2ブログランキング


スポンサーサイト

<<涙の卒業式 | ホームへ | アンサンブルコンテスト>>

コメント
♪emingちゃん

鋭いご質問ありがとうございます!
評価規準は生徒の実態に合わせていかないといけないと思うのですが、うちの場合はごくわかりやすいところに規準を持ってきています。

今回の授業の評価規準としては、日本の民謡の特徴として何かしらの構成要素に着目してほしいというのがねらいでした。

西洋の民謡と比べて何が違うか、要素を感じ取って欲しいというのがねらいです

ワークシートを見ると
「歌の言葉が違う、伴奏している楽器が違う、声の出し方が違う・・・」など何かしらは気づいてくれたようです。

ただ、子どもの発想は私達の想像をはるかに超えて独創的なので、あまに枠にはまることのないような発問やワークシートの構成を私は考えています。
今回の研究授業では、生徒が答えやすいようにもっと具体的な発問をした方が良いとの助言もあったのですが、私はどちらかというとあえて生徒が自由にな発想をできるような環境づくりを心がけています。

先日シューベルトの「野ばら」の鑑賞でとても興味深い生徒の感想がありました。

ゲーテと恋人のフレデリーケのエピソードに触れながら、ゲーテの恋愛観とシューベルトの音楽について考える授業だったのですが、いつもやんちゃな生徒の感想で

「恋愛は常にポジティブじゃなきゃやってらんねぇ。だからシューベルトはゲーテの詩にあんな軽やかな明るいリズムにをつけたんだ! 先生もポジティブにいこうぜ!」

と私への励ましなのか・・・と思われる感想があり、思わずふきだしてしまいました。

この感想で私のシューベルトの「野ばら」に対する印象にまた新しい色が加わりました。




【2009/03/01 00:56】 | AI #- | [edit]
研究授業お疲れ様でした~
民謡とか創作とか、実は私もあまり自信がありません。
でも研究授業であえて苦手なものに挑戦されたAIさん、さすがだなぁと思って読んでいました。

鑑賞の授業では、たぶん生徒に何か書かせたりしたのではないかと思うんですけど、AIさんは、どんな問いを設けて、生徒の感想を求めたんですか??
私は生徒から気付きを引き出すことがまだうまくないので、いつもこれを書かせたいと思ったことを与えて、感想を書かせています。でも自分は生徒からすればすごく専門的な答えを求めているのではないか、といつも不安に感じているんです。
評価してみると、狙ったところをあまり理解していないというのがすごくわかるので・・・
よかったら、たとえば今回の授業ではどんなことを求めたのか、教えてください!!
【2009/02/26 21:06】 | eming #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://semprecanto.blog118.fc2.com/tb.php/68-0b7d82ae
| ホームへ |
プロフィール

AI

Author:AI
絶妙なライフワークバランスを目標に日々奮闘中です!

公立高校教諭(教科は音楽です)として勤め
気がついたら中堅になってました

私が音楽の授業で使っている教材や、学校での悩み、ちょっとサボリ気味な主婦ライフなどを綴っております。

2010年7月22日についにママになりました!
育児ブログはこちらですのでのぞいてみてください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。