FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

聖トーマス教会合唱団 ゲヴァントハウス管弦楽団

2008.03.04(22:07)
昨日は聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団「ミサ曲 ロ短調」の演奏会を聴きに行ってきました♪

感動のあまり言葉がでません・・・(でもがんばって感想書きます)
これぞバッハ、これぞドイツの響き!
 
バッハが音楽監督を務めていた歴史ある聖トーマス教会合唱団は、その歴史は800年に及び、トマーナーと呼ばれる合唱団員は寄宿舎で共同生活を営みともに学んでいるのだそうです。5歳~20歳くらいの愛らしい子どもたちがステージに並んでいました。

演奏が始まると、最初のキリエの冒頭から魂が揺さぶられました!

オーケストラもソリストも素敵だったのですが、なんと言っても合唱の素晴らしいこと!オペラシティホールがあたかもドイツの教会ではないかと錯覚してしまうほどに音楽がホールの中に溢れて、聞いている私たちを浄化していきます

終曲「私たちに平和を与えてください」では最初は一つのパート、ささやかに始まった旋律が他のパート、楽器にどんどん引き継がれ、最後には会場を大きく温かく包み込みました。まるで聖トーマス教会の子どもたちが発信した平和への願いが、バッハの音楽を通じて世界中に広がっていくかのようです。
曲が終わり、しばらくの静寂の後大きな拍手が会場に溢れました。鳴り止まない拍手に
アンコールとしてカンタータ140番のコラールを合唱団が歌ってくれました。

天使たちとともに高らかに歌いあげよう
今まで見たことも聴いたこともない
甘く、喜びにみちたしらべを!
(歌詞の大意・・・おぼろげな記憶なのでちょっと違う・・・)

合唱団が退場するまで拍手は鳴り止みませんでした。私はかわいらしい合唱団員を間近で見たいというのもあり、一番前のステージまで走っていって拍手をしました

まさに天使たちが、今まで耳にしたことのない喜びを届けてくれた演奏会でした♪


他にも先生や音楽のブログがたくさん!!


FC2ブログランキング




スポンサーサイト

<<職業レディネステスト | ホームへ | 卒業式>>

コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/03/07 01:23】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://semprecanto.blog118.fc2.com/tb.php/19-0aae4a3d
| ホームへ |
プロフィール

AI

Author:AI
絶妙なライフワークバランスを目標に日々奮闘中です!

公立高校教諭(教科は音楽です)として勤め
気がついたら中堅になってました

私が音楽の授業で使っている教材や、学校での悩み、ちょっとサボリ気味な主婦ライフなどを綴っております。

2010年7月22日についにママになりました!
育児ブログはこちらですのでのぞいてみてください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。