スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団『マタイ受難曲』

2012.03.14(22:44)
時間が経ってしまいましたが・・・・・

聖トーマス教会合唱団&ゲヴァントハウス管弦楽団『マタイ受難曲』 聴いてきました!
トーマス教会の合唱を聞いたのは2年前のロ短調が始めてでしたが、
そのときは子どもたちの歌声に衝撃を受けました

今回の合唱では子どもたちがキャラクターコーラス、コラールを中心に歌っていくので
前回のロ短調とはまた違った子どもたちの音楽を感じることができました

キャストは以下のとおりです
 
[出演] 聖トーマス教会合唱団 Thomanerchor Leipzig
ゲオルグ・クリストフ・ビラー(指揮 / トーマス・カントール)
Prof. Georg Christoph Biller, Thomaskantor  
ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 Gewandhausorchester Leipzig

<ソリスト>
ウーテ・ゼルビッヒ(ソプラノ) Ute Selbig(Soprano)
シュテファン・カーレ(アルト) Stefan Kahle (Alto)
マルティン・ペッツォルト(テノール/ 福音史家) Martin Petzold (Tenor / Evangelist)
クリストフ・ゲンツ(テノール) Christoph Genz (Tenor)
マティアス・ヴァイヒェルト(バス) Matthias Weichert (Bass)
ゴットホルト・シュヴァルツ(バス) Gotthold Schwarz (Bass)


今回はテノールが急病のため、急遽マルティン・ペッツォルトに変更
(さいきんどこかの演奏会でもありましたけど)
以前シュライアーのマタイでご一緒した方でした
ソリストは特にソプラノが素晴らしく、ホール全体に豊かな響きが広がっていました

マタイ受難曲は3時間以上かかる大曲ですが
今回のような素敵な演奏だとあっという間に過ぎていきます

そしてあっという間に保育園に迎えにいかなくてはいけない時間になってしまって
アンコールを聴くことなく終曲が終わったらすぐに駅へダッシュ
余韻に浸れなくてちょっと残念

でも出産後初めて夫婦で演奏会を聴きに行くことができたので大満足です

またいつかマタイを歌う機会があったらいいな・・・・

スポンサーサイト

<<新しい学校へ | ホームへ | プレゼント>>

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://semprecanto.blog118.fc2.com/tb.php/175-4324704a
  • -【】
    管理人の承認後に表示されます
【2012/05/02 09:43】
| ホームへ |
プロフィール

AI

Author:AI
絶妙なライフワークバランスを目標に日々奮闘中です!

公立高校教諭(教科は音楽です)として勤め
気がついたら中堅になってました

私が音楽の授業で使っている教材や、学校での悩み、ちょっとサボリ気味な主婦ライフなどを綴っております。

2010年7月22日についにママになりました!
育児ブログはこちらですのでのぞいてみてください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。